FC2ブログ









エボルバM3シェイクダウン

昨日のことですが、2ヶ月ぶりのラジ。そしてニューマシン・エボルバM3のシェイクダウンです。

走行準備完了!ピカってます。



クラッチのほうはベルから上が京商、それ以外は使い慣れた無限でやってみたんですが、クラッチシューが粉吹きじじいに・・・。
クラッチスプリングをUハードからSハードに替えたり、締め込みを調整したりでとりあえず解決。ニードルは師匠に見ていただきました。

しかしクルマ云々以前に2ヶ月のブランクとプロポのステアリング操作のクセを矯正しているドライバーがスムーズに操作できていませんw

それでも徐々に慣れてきたので師匠のアドバイスのもとセットを進めます。

これからはサイドステフナー装着が前提でセットを進めるのだからと言うことで、でも京商からはOPTのカーボンステフナーがまだ発売されていないので、KHCオリジナルのステフナーを取り付け。

右側です。
080113M3-1.jpg


左側です。
080113M3-2.jpg


左側のサイドステフナーをつけるのが一苦労。
ステフナーの寸法に問題があるのではなく、とにかくエンジン周りにクリアランスがないのです。ステフナーにエンジンのバックプレートが接触します。エンジンをもう少し右に寄せる必要があります。

で結局2スピードをシャフトごとをスペーサーを入れて右側へずらし、エンジンも合わせて右側へ寄せることでステフナーとのクリアランスを確保しました。
ただ、これによってブレーキプーリーがブレーキディスクを右へ押してしまうため、ブレーキプーリーのイモネジがあたるシャフトのDカット部分をヤスリで広げました。これが面倒でした。このときついでにシャフトごと2スピード周りを無限MRX4用にチェンジしました。
M3では2スピードも改良されているようですが、エボルバの2スピードのシャフトはとにかく曲がりやすく、M3でも同じようでしたので。
これにあわせクラッチ周りも完全無限仕様にしました。

気分転換にドレスアップ中。
KHCスペシャルの前後ダンパーステー装着です。
080113M3-3.jpg

もちろん見た目だけではありません。ダンパー位置やセンターポスト位置はビスを緩めるだけで変更できます。

フロントです。
080113M3-5.jpg

ステフナー取り付けのネジ穴がありますが、ステッカーでふさいであります。

リヤです。
080113M3-4.jpg

こちらはカーボン製ですと、クラッシュ時にセンターポスト部分からステーが折れることがあるのでアルミ化はかなり有効だと思います。

後は師匠のアドバイスでサイドプーリーを26Tから25Tに替えたり、Fスタビをエボルバ2003仕様にしたり。

だいぶ扱いやすくなりましたが16秒を切れずに終わりました。
エンジンにも問題があり、私のアクセルワーク(全閉時間が長くドンとあける)だと中ストレート立ち上がりでエンジンが息つきをしてとまりそうになります。
アクセルワークも直すとしてw、プレッシャーチャンバーが必要に思いました。
でもいい取り付け位置考えないと。

タイムは今みっつ、よっつ、いつつぐらいで、夕方は猛烈に寒いのがつらかったのですが、久しぶりのハチイチとても楽しかったです。相変わらず師匠にはお世話になりました。

クルマのほうのネガはだいぶ出たと思うので、あとは自分の運転とクルマのセットに集中していけるかなと思います。

後はいつ次の練習走行にいけるか・・・。
後つかえるエンジンがほかにないので、去年の今頃PC入れ替えたWC-JPナラシしないといけません。
スポンサーサイト



[ 2008/01/14 17:05 ] RCレース | TB(0) | CM(2)

おょ!早速、オプション投入ですね!
良いものは付けた方がいいに決まってますです。

やっぱ、オプションを開発する方が近くにいらっしゃるって心強いですよねぇ!
うらやますい~~~(w

って、オプションあまり付けない私が言っても説得力に乏しい・・・・( ̄Д ̄;;
[ 2008/01/15 10:47 ] [ 編集 ]

私もはじめのうちはとりあえずそのままで、と思っていたのですが、M3のサイドステフナーについては聞いたところによるとメーカーも取り付けた状態を標準にセットをしていっているようなんです。
それならキットにはじめから入れておいてくれるといいのですが。発売もまだですし。

で、師匠が待ちきれず作ったという感じで、使わせていただきました。
今回のエンジン搭載位置~2速周り位置関係の四苦八苦は純正OPTでも同じことが起こるので早めに対策できてよかったです。
[ 2008/01/15 13:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirozo.blog31.fc2.com/tb.php/643-ab6fdeda