飛騨高山ウルトラマラソン2017(レース当日のこと・反省点とか)

2度目の飛騨高山ウルトラマラソンを終えて、当日のことや記録向上のために気付いたことなど。

会場には3時半頃着でしょうか。
170612hidatakayama ultramarathon (6)
夜明け前のスタート会場がウルトラだなぁって気分になります。
昨年はレース中ずっと下痢に悩まされました。
何度も大をもよおし、何度もエイドのトイレへ。
補給しても補給しても全部出て行ってしまう感じ。

これでは力が出ないし、トイレでのタイムロスもバカになりません。

それさえ対策出来れば、「昨年並みの走力でも大幅タイムアップ!」と思ってました・・・。

まずその対策で、前の記事にUPした通り、レース数日前から胃薬を飲み続けました。

そしてレース数日前から油っぽいものは気持ち控えて。

前日の昼は感じのイイ喫茶店でステーキランチでしたが
170612hidatakayama ultramarathon (2)
脂身は少なかったかな。

受付後には説明会にもちゃんと参加。
170612hidatakayama ultramarathon (3)
役に立つアドバイスが聞けましたよ。

昨年のお昼は○きやで麻婆茄子牛丼を食べて、これがかなり油ギッシュで。
夜はホテルのステーキを嫁さんの分まで食べて。

そこも反省し、夜はファミレスで”明太子と大葉の和風スパゲティ”&サラダ。

夜も早めの20:30就寝。

・・・でもなかなか寝付けなくて、何度もトイレに起きて、だいぶ夢も見てたし寝たような寝てないような。
そんな感じで目覚ましアラームが鳴る前に、2時過ぎには起床してました。

それからすぐ朝食。

おにぎり2個に納豆、味噌汁、ゆで卵、ヨーグルトでおなかパンパン。
後はスタート/ゴール会場で用意されたもので補給しました。

フルマラソンと違ってスタート前に補給があります。
ありがたいです。
170612hidatakayama ultramarathon (9)
温かいスープやパンとかバームクーヘンとかバナナとかいろいろ。
ここで朝食にしてもいいくらい。


レーススタートからのペースは自然な感覚に任せてたら5分前半/㎞ぐらい。
下りは4分終盤/㎞ぐらい。

これが今思うと私の走力×ウルトラの距離にはオーバーペースだったのかなと。

序盤いくらいいペースで走っても終盤歩きまくってたら意味がありません。
序盤の登りは”戦略的に”歩きましたが、終盤は登りはおろか平坦でも歩いてましたから(^^;)

終始スローペースでも、終始走り続けられることがよほど記録向上には大切だと思います。
序盤に抜いた方が歩いている私を次々と抜いていきましたから(´Д`)

ああ、それと寝不足+標高が上がって酸素が薄くなるからか頭が痛かったなぁ。
もう一つは補給ですね。

昨年下痢で補給が満足にできなかったって思いがあって、戦略云々以前にエイドをしっかり楽しみたかったので5㎞毎に用意されたエイドで食べまくりました。

そばとか飛騨牛とか最高でしたね(^-^)

飛騨牛なんてたぶんステーキ1人前は食べました。
そばは必ずおかわり。

ドーナツやバームクーヘンは大好物だし。

終盤はのども乾きまくりでポカリをどんだけ飲んだか。

エイドを満喫するって目標は達成できたのでよいのですが、タイムアップを望むなら水分補給は別として5㎞毎の補食は摂らず、飛ばし飛ばしでもいいと思いました。

ストップするタイムロスはもちろん、エイドから走り始めてからのおなかが重たいこと・・・消化機能が衰えているからなおさらでしょうが、エイドを出てしばらく走りにくいです。
三つめはやっぱり事前の走り込みですね。

これは怪我してたんでなんともならなかったんですけど、やっぱり事前に100㎞。それが無理でも70~80㎞のロング走はしておいて、自分の脚・身体にどういう事が起きるか確認しておかないと。

今回事前の練習では最長で55㎞までしか走っていません。
案の定、レースでもそのあたりから走れなくなりました。
練習では5分30秒切/㎞維持でやってましたけど、このペースの見直しをする必要があったわけです。
・・・とまあ、ウルトラを何度も走り、結果を出している方には当然のことなのかもしれませんがこんなことを再確認しまして。

レース直後は「もう結構」な気持ちでしたが、今回の反省点~改善を来年のレースで試してみたい気持ちも強くなってきたレース2日後でございます。
スポンサーサイト
[ 2017/06/13 21:29 ] マラソン大会 | TB(0) | CM(2)

飛騨高山

今年も完走おめでとうございます。
hirozoさんは、ペースをうまくコントロールすれば、サブ10は余裕で達成できると思います。

平地なら、多分5分半でも余裕でしょうが、あれだけアップダウンあると、勾配に合わせてペース調整が必要になりますよね。

それと、途中エイドで食事ができるのは、胃腸が強い証拠ですね。
私は、終始エイドではほとんど食事を受け付けないタイプです。
手持ちのジェル頼みなので、それだけ食べれると、ウルトラではかなりの武器になると思います。

食べ過ぎても仕方ないのですが、10時間以上走るのですから、序盤・中盤と食べ物を受け付ければ後半のエネルギーになりますよね。

また、来年も頑張ってください。
[ 2017/06/14 21:33 ] [ 編集 ]

masaさん、コメント・アドバイスありがとうございます。
(ブログにコメント頂けることが目っきりなくなりましたので見逃してました。スミマセン)

昨年はお腹のトラブルでしたが、今年は序盤のペースが失敗だったのかなと思いつつ、一方で仮に序盤ペースをおさえても、結局潰れるなら貯金を作っておくというのは正解だったのかなと思ったり。

来年もエントリーするなら、序盤は思い切ってぐっとペースをおさえて終始走れることを最優先にしてみようかなと思ってます。
[ 2017/06/25 20:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirozo.blog31.fc2.com/tb.php/2510-33eed1a6