FC2ブログ









ロスジェネの逆襲

”ロスジェネの逆襲”読了しました。
       ↓

あの半沢直樹シリーズの最新刊。

テレビドラマのほうはほとんど見ていなかったのですが、その原作”オレたちバブル入行組”・”オレたち花のバブル組”をよみ、続けてその続編となる本書を3連休に一気読みしました。
なので、本書は先日最終回となったドラマの続編部分なわけで、これで続編がテレビドラマになるのか映画化されるのかわかりませんが、見なくてもOKです(笑)
いやー、今回も面白かったですね。
物語がどんどんハイスピードで展開するので辛抱して読むというところがない感じ。
本作も、いやーな敵が表れて、最後に半沢がやっつけるというわかりやすいパターンが読んでいて安心できます。

テレビドラマが大人気でしたが、私は自分のペースで、且つ自分でイマジネーションを描きながら楽しめる原作本を読むほうがいいです。
ただ、どうしても半沢直樹だけは堺正人さんのイメージが頭に浮かんでしまいますが。

しかしただ面白いだけじゃなく、半沢直樹の仕事に対するスタンスというか信念というか(最後にそういうことを語るシーンがあります)、それは心に残りましたね。
フィクションだからそんなきれいごと・理想論でも最後にはうまくいくんだと言われてしまうかもしれないですけれど、そんな理想を忘れずにいたいと思いました。

最近は体の使い方とか、そんな本ばかり読んでいたんですけど、やっぱ小説っていいですねー。
スポンサーサイト



[ 2013/12/26 22:32 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirozo.blog31.fc2.com/tb.php/1726-f6ed4040