FC2ブログ









FFWDインプレ

先日のFFWD・カーボンチューブラーホイール初走行の感想を。
IMG_0563.jpg

まずバイクが軽くなりました。
担いでみると「オオッ」って。
走る前にすでにうれしい。

車重を測ってみました。
・・・といっても専用の秤などないので、体重計で。
まずバイクを持って体重計に乗ってバイク+体重を測って、そのあと自分の体重を測って引き算。
7㎏ジャストでした。精度は???でしょうけど、まあ目安になります。
6.8㎏ぐらいに持っていきたいですねー。自己満足のために。6㎏台ってなんかいい響きです。
速く走るためには体重を落としたほうがずっと手っ取り早くてお金もかかりませんが、それはそれです。
そういえば私の体重、ただいま57㎏オーバー。
昨年ランニングしているころは52~53㎏でしたから4㎏程増えてるんですね。
全体で7㎏しかないバイクに乗る人間が4㎏も重くなっていては・・・。
ヒルクライムとかだと強烈に影響するでしょうね。
そこへ持ってきて心肺機能も脚筋力も落ちるだけ落ちてます。
せめて非力な心臓と脚で運ばなければならない荷物(=体重)は軽くしておきたいものです。

で、走ってみた感想ですけど、漕ぎ出しはよくわかりません。
普段からあまりロードバイクに乗れてないんで、自分の感覚があてになりませんw
体の故障のこともあるんで強い漕ぎ出しも控えてますし。

ただ巡航速度は間違いないく上がりました。
これはスピードメーターでわかります。
3㎞ぐらいは底上げされている感じです。

ソコソコなディープリムなんで横風の影響はどうかなと思いましたが、強風が吹き続ける先日の河川敷でも意外と普通に走れました。FFWD自慢の断面形状も効いているのかもしれません。
ただ今回は大丈夫でしたけど、突風で自分の対応が遅れるとちょっと怖いかもしれませんね。

乗り心地も路面からの突き上げ感がよりソフトになりました。
カーボンホイールが振動を逃がしているのか、チューブラータイヤの構造からくるものなのか。
その両方なのでしょうが。

気になったのはブレーキ。
シューのあたりがついていない走り始めが効かないのは覚悟していましたが、特にフロントの減速がスムーズにいきません。
シューにあたりがついてからは効き自体は問題なし。
リヤはコントロール性も問題なし。

ところがフロントについてはものすごくコントロールしにくくて。
たとえて言うならリムが波打ってるんじゃないかって思うぐらい、ブレーキレバーの握りが一定でも勝手にポンピングブレーキ状態になってしまうんです。
急な下りで強い制動力をかけると体がグイングインと前後してしまいます。
これって走ってるうちに直ってくるのかな。
フロントは音鳴りもすごかった。
リヤは「シュー」っていい音なんですけど、フロントは強めに制動力をかけるとビビり音っていうんですか、ものすごくブレーキが鳴きます。

音はともかく、あの自動ポンピングブレーキはまずいんで、明日にでもお店で聞いてみようと思います。
スポンサーサイト



[ 2011/12/19 21:10 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

ディープリムでも、ロードであれば意外に横風大丈夫ですね。

TTバイクだと、そうもいかなくて強烈に横風受けるので、海岸線走るときは風の弱い時にしています。

でも、本気で風がやばいときは、ディープだろうがそうでなかろうが、あまり関係ないと私は思ってます^^;

ブレーキ鳴きですが、私のカンパも強烈に音が鳴ります。
私は、気にしてないので無視してますが、みんなが振り向くぐらい強烈に鳴きます。
[ 2011/12/19 22:51 ] [ 編集 ]

masaさんこんばんは。

横風、TTバイクはフレームでも強く受けそうですよね。

ブレーキの鳴きはまだいいんですが、自動ポンピングがもう危険を感じるほどで。
あれじゃロードレースとかは使えないです。
当分レースとかはしないですけど。

使っていくうちに表面が平滑化されていくのかなーなんて思ってるんですけどね。
[ 2011/12/19 23:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirozo.blog31.fc2.com/tb.php/1457-c49aa861