勝ち上がり準備

ヤフオクでエボルバ用のバッテリーを入手しました。
060228battery.jpg

お値打ちに新品の商品を譲っていただき、出品者様に感謝です。

これでレースでの勝ち上がりでもあわてなくてすみます。
・・・がせめてホームコースのタケトヨサーキットでは使わなくてもいいようにしたいものです。
勝ち上がりは全日本でぜひやってみたいと思います。

バッテリーといえば送信機(サンワM8)のバッテリーも2本あるのですが、どちらも劣化が激しく1100mAの容量のものが600mAから700mAぐらいしか充電できません。
M8のバッテリーを新たに購入するか、もう少し我慢してM11いくか。
でもM11ってグリップが太くなっていて、手の小さい私にはM8のほうがしっくり来ます。でもやっぱり新しいものは色々と良くなってそうだし・・・。

とりあえずボーナスシーズンまでM8+ボロバッテリーで引っ張ろうかと思います。
スポンサーサイト
[ 2006/02/28 21:00 ] RCレース | TB(0) | CM(0)

オンロード・オフロード

最近RCではオフロードの人気が復活しているようですね。
特にとっつきやすいって事で電動バギーが人気でしょうか。

RCでも路面グリップが絶対的に低いオフロードはオンロードのRCでレースをするドライバーにもマシンコントロール技術をつける上でとてもよい練習になるカテゴリーだと思うのですが、RCの世界ではそんなことはあまり言われていませんね。
オン・オフ両方で活躍するトップドライバーはいますが、オンロードのためにオフで練習したなんて話はあまり聞きません。

私がオートバイロードレースに興味を持ち始めた頃はフレディ・スペンサーが絶頂期でした。
そのライバル、ケニー・ロバーツとともにどちらもダートトラックレース出身。
この二人に限らずリヤタイヤを滑らせカウンターをあてながらコーナーをクリアするダートトラックレース経験者のアメリカンが世界GPロードレースの世界を席捲していました。

それに影響されたわけではありませんが、私もダートトラックとまでは行きませんがオフロードバイクを川原にもっていって、よく練習しました。
比較的安全な速度で高速域でしか起こせない挙動を体感できるのが良いところです。
少なくともスライドコントロールの自信をつけるのにはかなり役立ったのを覚えています。

話は戻ってRCといえば、オンロードでもいくらでもタイヤを流せますし、スピードを出したって身体的な危険度もほとんどなし(何せクルマに人が乗ってないですから)。そんなところがオンのためにオフで練習ってのがない原因かもしれません。

今RCの練習といえばミニッツですね。エンジンカーと並行して楽しんでいる方も多いようです。ハチイチのためにってだけでなく、実際は走らせていて楽しいですし、コストも低い。

でもバギーやってみたいな・・・。特に2駆のバギー。
あのシャープな感じがカッコいいです。
[ 2006/02/27 22:35 ] RCレース | TB(0) | CM(0)

今日も練習しました

今日は午前中は用事があったので、午後からタケトヨサーキットへ向かいました。

雨でも向かったのは娘がタケトヨサーキットと同じ方向であるおばあちゃんちへ行きたいといっていたのと、パソコンの関係で頼まれごとがあったからですが、そうなればミニッツを走らせないわけにはいきません(笑)。
二日連続で走りこみです。

サーキットのショップでしばしおしゃべりしてからミニッツのコースへ。インチキ2号師匠に付き合っていただきました。

電動カーではブレーキを使わないのが基本だと思いますが、師匠はブレーキを多用します。これもハチイチの走行に生かすためらしい。
私はミニッツではまったくブレーキを使っていなかったので、ブレーキは思いっきり効くようになっており、ブレーキング→即スピンだったのですが、師匠に調整していただいてからブレーキを使いながら練習走行。
だんだん慣れてきていい感じで走れるようになってきました。
確かにすっかりハチイチと同じ感覚で練習できました。

クルマのほうもシャーシセットはそこそこまとまってますし、前回はみんなの笑いを誘った猛烈に遅い直線スピードもインテレクトバッテリー&Xスピードモーター&ピニオン変更でバッチリ。
師匠のおかげで楽しく集中してかなりいい練習ができました。

途中からボディのフロント部が大きく破損したのですが、そのまま走らせていたところ、シャーシのフロント周りをヒットさせてしまったためにサスアーム部を破損。これで練習走行終了となりました。
サスアーム交換=シャーシ交換なので、部品代はともかく修理がめんどくさそう。
でも早く直さなきゃ。
060226_mini-z.jpg

ボディも買わないと・・・今度は未塗装の安いのにしようと思います。
[ 2006/02/26 23:34 ] RCレース | TB(0) | CM(1)

練習してきました

今日は昼過ぎから小牧市のラジコンランドさんへ行ってミニッツの練習走行をしてきました。

タイヤ、前後のスプリング、Tバー、ボールデフと色々交換・調整してテストしてみました。
かなりいい感じになってきたのですが、インフィールドのタイトな切り返しで向きが変わるのも待っている時間がまだかなり長いので、これを何とかしないといかんな~という感じです。

まあレースするわけでもないのでシビアにセットをする必要もないのですが、気持ちよくは走らせるためにはある程度満足のいくセットを出したいものです。

コースには3時間ほどいて結構周回しました。
ブランクを埋めるのにはいい練習になったと思います。
ミニッツは低コストで楽しめるのでいいですね。
ただ、今日のようにいい天気の日にインドアのラジコンというのももったいないような気もしますが・・・。

ミニッツを走らせるたびにちょこちょこオプションパーツを買っているのですが、今日のNEWパーツはステンレスキングピン。
確かにフロントサスの動きがものすごくスムーズになりました。
前回購入のフロントのバネ(赤=ソフト)とともにいい仕事をしていたのではないかと満足です。
060225_mini-z.jpg

次の土曜日も行こうと思ってます。
[ 2006/02/25 22:00 ] RCレース | TB(0) | CM(4)

緊張

日本では冬季オリンピックの人気種目らしい女子フィギュアスケートが終わりました。荒川静香選手が金メダルを取りましたね。
おめでとうございました。

とはいえ審査員の採点で勝敗を決する競技はあまり好きではないのでそれほどちゃんと見ていないのですが(ニュースでチラ見しただけ)、どうやら他の有力選手のミスも勝敗に影響したようですね。日本の安藤選手なども緊張からうまく行かなかったようですし。

私もたびたび書いているようにオートバイレースでもレーシングカートでもラジコンのレースでも相当緊張するほうなのですが、オリンピックに出るようなトップアスリートでもオリンピックともなれば緊張するものなのかと意外に思いました。

私がレーシングカートをやっているときに所属していたチームは某メーカーのサテライトチームのような部分があり、一人のドライバーをフルサポートして走らせていました。
おかげで私にもプロトタイプのフレームその他パーツをテストさせてもらったりする機会があったのですが、そのサポートドライバー(私より一回り若い)に1ラップ計測のタイムトライアルで「緊張しないの?」
と聞いたら、「まったく緊張しない」とのこと。
こっちはもう逃げ出したいくらい緊張しているのに・・・。

「うまく行ったときのことしかイメージしない」らしいです。そしてスーパーラップで一周をまとめます。
一方私はたった1ラップの計測中に「もしスピンしてしまったら・・・」というイメージでいっぱい。
挙句タイムトライアルはやや無難に走って、決勝で追い上げというパターン。
そりゃいいイメージだけ頭の中に描くことができればいいのはわかっていますが、それができれば苦労しません。
そのサポートドライバーは天賦の才能と多くの練習で普段から良いイメージを自分の中に叩き込んでいるのかもしれませんね。

ということはより強い精神状態で競技に望むためには凡人であるほどたくさんの練習が必要ということかなと思います。
それはオリンピックに出るようなトップアスリートでも同じなのかもしれません。

そういえばもう一ヶ月練習してません。
そろそろがんばらなくちゃ。
[ 2006/02/24 23:18 ] RCレース | TB(0) | CM(2)

ディスプレイケースが届きました

インターネットで注文したディスプレイケースが今日届きました。
これに集めている「チャンピオンバイク・コレクション」の模型を収納します。¥3000ほどでした。
060223displaycase.jpg


これ、チャンピオンバイクコレクションを出している「デアゴスチーニ」と同じようなシリーズを出していた「デル・プラド」(今は倒産してるみたいです)っていう会社の自動車シリーズのコレクション用のケースです。

チャンピオンバイクコレクションのシリーズもデアゴスチーニが専用のケースを用意しているのですが非売品で、シリーズの1号~20号すべて買わなければ(そんなに買えるか!)もらえないのです。

コレクションが10台たまり娘の学習机が部屋に入って置き場がなくなり、娘の学習机に置かせてもらって邪魔者扱いされていましたが、これですっきり飾れます。
低いところに飾ると上のバイクの土台で下のバイクが陰になるのが気になるのですが、壁掛け用の穴が開いているので、部屋の壁にフックをつけて飾ろうかと思っています(落ちてこないか心配・・・)。
高いところに飾ると下の段も結構明るくなります。

ハチイチの予算でお小遣いがあっぷあっぷのはずなのに、またこんなもの買って・・・と思われるかもしれませんが、そこは大丈夫。
嫁さんが買ってくれました。
こういうところがやさしくて助かります。(⌒~⌒)ニンマリ
[ 2006/02/23 22:44 ] モータースポーツ | TB(0) | CM(0)

大事に至らず

休日出勤の代休を取って、名古屋市内の某大学付属病院へ診察を受けに入ってきました。

これまで何度も手術をしているところに痛みがあったので、またかと暗澹たる思いでしたが、再発したわけではなく一時的な症状だったようです。薬をもらって帰ってきました。
このところ痛みも治まっているし、一安心です。

総合病院へ行くと、待ち時間が長くて診察は数分なんてよく言われますが、今日見ていただいた先生は5年前に執刀していただいた先生だったのですがこちらの話も良く聞いていただけて、説明も丁寧にしていただいてとても安心できました。
不安一杯で病院へ向かいましたので、もう先生が神様のように見えましたね。

これですっきりハチイチレースもきっちり活動したいところですが、今月は週末の都合が付かず。
本格再開は3月からになりそうです。
[ 2006/02/22 21:29 ] 雑感 | TB(0) | CM(4)

くやしい思い出

昨日の娘の銀メダルのお話で思い出しました。

HPのプロフィールにも書いてますが、2輪のロードレース、カートとふたつのモータースポーツを経験してきましたがどちらも2位どまり。
かたや鈴鹿選手権、方や瑞浪レイクウェイのシリーズ戦とややローカルなお話ですが。

結局最後まで一度も優勝することはかないませんでした。

鈴鹿選手権での2位は私の人生の中でもっとも幸せな思いをした、しかしもっとも悔しい思いもしたレースです。
そのときのお話を・・・。

昔々の1987年のことです。
レースをはじめて3年目の年でした。師匠には3年やって芽が出なかったら(ノービスから上にあがれなかったら)レースをやめたほうがいいといわれていました。

その状況下でシーズン初戦に仙台の菅生選手権第1戦ノービス125CCクラスにエントリーして、そのレースで3位表彰台にあがりました。当時は地方選手権で10ポイントを獲得できれば翌年国際B級であったりジュニアであったり(この頃はライセンス制度がよく変わりました)いずれにしても全日本選手権にエントリーできます。

10ポイントを獲得するには6位にはいればよかったのですが、シーズン初戦で3位に入り、全日本ライダーに昇格するという目的を達成しました。
いきなり目標を達成したのでちょっと脱力しましたが、後は少しでもよい成績を続けて出してスポンサーや有力チームの目に留まるようにがんばるだけです。

で、鈴鹿のレース、ノービス125CCクラス。
もう自信満々でした。調子に乗りやすい性格なので「俺は速い」と猛烈に確信していました。
このときは鈴鹿の東コースでレースが行われました。
予選は6番手でした。この頃はちょっとしたロードレースブームでエントリーは326台(とレースの記事が掲載された雑誌に書いてありました)、その中から決勝に進めるのは32台です。
そこら辺の有名大学の合格倍率にも引けをとりません(ちょっと自慢)。

10周で行われる決勝はスタートして2周目にトップに立ちました。ストレートでピットを見るとチームメイトがサインボードを出しながら手をぐるぐる回しています。
ストレートでカウリングに身を伏せながら「みんなが俺を見てる、俺が主役だ~」と余計なことを考えながらもアクセル全開です!
9周目の最終コーナーまでトップでしたがここでリヤを大きく滑らせました。奇跡的に(テクニックというよりたまたま?)立て直しましたが2番手だった選手に抜かれかなり前方にいってしまいました。

残り1周。ラップタイムが1分ジャスト程度の東コースで追いつく距離でありませんでした。
こうして2位はキープしたものの私の優勝のチャンスは逃げていきました。
ちなみに同じ日に行われたF3クラスでの4位は現・無限ワークスの大阪選手でした。大阪選手は当時も今もカテゴリーは違ってもトップクラスのレーシングライダー&ドライバーですね。

表彰台では勝てなかった悔しさより、転ばずに2位を確保できた喜びで一杯で、師匠には「抜かれて喜んでるんじゃね~」と言われましたが、もう自信満々で、「これからいくらでもチャンスはあるわい。次は勝ってやる」と思っていたものです。

しかし5位・6位はありましたがなかなか歯車がかみ合わず、再び表彰台にあがることもなくシーズンが終わってしまいました。その後1年のブランクを経て全日本選手権に出場するようになってからはノービスの頃の勢いを失っていたようで、決勝進出もままならないことがありました。

そんなわけでこのときの2位は今となっては生涯最も悔しい思い出になってしまいました。たった一度のチャンスだったようです。
ラジコンをやっていてもそうですが私にとって4位と3位には価値に雲泥の差があり、それ以上に2位と1位には雲泥の差があります。

昨年はタケトヨサーキットのハチイチのレースでも後期ランキング2位、最終戦も2位と2番手に縁がありました(実力的にはもっともっと後ろなのですが、運が良かった・・・)。
ロードレースのときの思いもあるので、どうしても一度勝ってみたいのです。棚ボタでも何でもいいから一度勝つまではやめられませんね~。

とりあえず、そのために明日は休みも取れたので、かねてからの体の痛み(持病?)を見てもらいに怖いですけど病院いってきます。
[ 2006/02/21 23:59 ] モータースポーツ | TB(0) | CM(2)

銀メダル

オリンピックたけなわですが、我が家の娘も先日銀メダルを獲得しました。
060220medal.jpg


保育園で描いた絵が銀賞に選ばれたのです(どういう範囲の中から選ばれたのか良くわかりません)。その表彰をハウジングセンター内のステージで行うとのこと。
もちろん家族3人でいってきました。

会場にはうちの娘のも含めて入選した絵が展示されています。
・・・ん、全部娘の通う保育園のお友達の絵です。
何のことはない、どうやら絵を提出した子どもたちに金賞、銀賞、銅賞のいずれかがもれなく授与されているようです。

娘の絵は嫁さんの実家の犬、ベルの様子を描いたらしいのですが、ベルの顔がムンクの「叫び」のようでした(笑)。

まあハウジングセンターの客寄せのイベントにひとつだったようですが、ステージ上でメダルとスケッチブックを授与された娘は観客(=子どもたちの親)の前で誇らしげ&ご満悦でした。
その様子を林家ペーのように必死で写真を取る私・・・。

スポーツでも音楽でも勉強でもいいですが、何かひとつ好きなもの、一生懸命になれるもの、得意なものを見つけてまたメダルのひとつももらえるようになってほしいものです。

最近うちがほしい私はハウジングセンターのモデルハウスも興味ありですが、まあものすごくデカいうちばかり。
あんな家そうそうそこら辺に建ってないっつのと毒づきながら帰ってきました。(〃⌒∇⌒)ゞ
[ 2006/02/20 21:49 ] 家庭 | TB(0) | CM(2)

JPばらしてみました

今週末もハチイチの走行はなし。

走行はしませんがラジコンはいじります。
ゆっくり起きてからエボルバのアライメントチェックをした後、先日購入したJPを初めてばらしてみました。
060219JP1.jpg

以前は新品のエンジンだと、内部に加工時の切粉が残っていたりするなんて聞きましたが、私がエンジンカーをいじるようになってからは見たことがありません。
それでも完バラしてすべてのパーツを洗浄・注油しました。
自分でやり直さないと気がすまないんです(笑)。

PCはこんな感じ↓
060219JP2.jpg


排気口は内部がテーパー状に削られているんですね。
これは私でもできそうなので他のエンジンにもやってみようかしら???↓
060219JP3.jpg


エボルバのアライメント調整のほうは気になることがひとつ。
フロントのダウンストップを調整していたら、左右のスタビ位置調整用のカムが左右でものすごく上下する位置になってしまいます。
普段はさほどカムの位置を動かさなくてもダウンストップをあわせられたのですが。

このあいだメカプレートを載せたときもフロントバルクとメカポストにぴったり乗らなかったし、ひょっとしてシャーシ捩れたかなと・・・。
少し気になりましたが今回は左右でカムを上下させて帳尻を合わせました。
一度走らせた後のメンテでバラして見てみようと思います。

私がラジコンいじりをしている間、嫁さんと娘はシュークリーム作りに挑戦しておりました。
材料がセットになっているので配分が確実なのか仕上がりもバッチリでした。
060219oyatsu.jpg

これが自分で材料を個別に用意して作るとそうは行かないんでしょうね。

とか何とか言っているうちに日曜日もおしまい。
ハチイチは走らせないことにはちゃんと遊んだ気分になりません。
再始動はいつ???
[ 2006/02/19 22:05 ] RCレース | TB(0) | CM(4)

いつまでできるか

仕事がたまっていたので今日は自主的に休日出勤してました。
おかげでかなりすっきり片付き、安心して明日休むことができます。
これでも結構まじめなのです(笑)。

今週末もハチイチはお休み。
来週は娘がらみの用事でこれまたお休み。
その翌週はレース。ひょっとしたらこれもお休みするかもしれません。

練習走行やレースがあると思うとそれにあわせてメンテしたり、ボディ作ったり、パーツ買いに行ったり・・・やることは多いですがそのために色々な時間をやりくりして生活そのものが積極的になりますね。

ハチイチを走らせない週末は家族と出かけたり、メンテしなくて空いた夜は読まずにたまってしまった本を読んだりと別の時間の使い方もできてよいのですがどこかハリがないです。
ややダラダラ気味。

もう少し歳をとってハチイチができなくなったらどうしようかと。

ただ走らせるだけならいくらでもできるでしょうが、速く走らせられなければ面白くありません。
もちろん今も速くはないのですが、もっと速くなれる、いつか勝てると思ってやってますので、もう進歩しない、勝てる見込みもないと思ったらたぶん続けられません。

幸いタケトヨサーキットのトップクラスの方は私と同年あたり、もしくは年上の方が多く、それで私よりずっと速く走らせることができているわけで、私も身体的にはまだしばらくいけそうかなと思っています。あと10年?はちょっときついかな。

問題はその後。
今からハチイチ以外にずっと続けていける楽しみを見つけておいたほうがいいかなとも思う今日この頃です。

娘のクラビノーバでピアノの練習でも始めようかなとも思ったのですが、いかんせん楽譜が読めません(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり.
[ 2006/02/18 22:42 ] RCレース | TB(0) | CM(1)

ハウルの動く城

今夜は家族で「ハウルの動く城」のDVDを鑑賞しました。
060218hauru.jpg

いつもならそんな時間も惜しんでエボルバのアライメントチェックのひとつもしているところですが、今週末も練習走行の予定がないのでまったりしています。

大人も子どもも一緒に楽しめるのはさすが宮崎アニメです。

思い返せば娘に付き合ってということもありますが、殆どの宮崎アニメを見てきていますね。
一貫しているのは頼りない少女が次々と訪れる困難を乗り越えてたくましくなっていくところですね。
魔法使いが出てくるところとか、ハウルの動く城は宮崎アニメの基本パターンの集大成といった感じでした。

最後に偉い魔法使いのおばさんが戦争を終わらせるところがちょっと強引で「だったら最初からそうしろよ!」と画面に向かって突っ込んでしまいましたが、笑いと感動って感じでいい映画でしたね~。

次はスリル&スピードの「ステルス」を見ようかと思ってます。
[ 2006/02/17 22:53 ] 映画・音楽 | TB(0) | CM(0)

侵略されつつあります

先週末、我が家にこの春から小学校に入学する娘の学習机がやってきました。やってきたというか、私が部屋まで運んだのですが・・・。
パーツごとに梱包されているから楽勝・・・と思っていたのですが、3階の部屋まで運んだら心臓バクバクで死にそうでした。

娘が私のラジコン&パソコン部屋に学習机を入れたいというので私のパソコン机の横にあるプリンタ&スキャナ用テーブルやその下にあるラジコン道具などをどかし場所を確保したのですが、今まで一人で一部屋独占していたこともあり、とにかく私のモノが多くもう収まりきらなくなってきました。

収納を工夫しなくてはいけませんね。
さしあたりたまっていた使いそうで使わない中古ハチイチボディを切り刻んで処分しました。

娘はとりあえず買ってもらったばかりでうれしいのでしょう、学習机で本を読んだり絵を描いたりしています。私はその横でブログを更新。

私の城が侵略されつつあります。
これからどんどん娘の物が増えさらに侵略が進むものと思われます。
しかし娘ももう少し大きくなったら親父と同じ部屋など嫌がるでしょうから、今のうちだけでも仲良く机を並べてすごさせていただこうかと思ってます( ̄▽ ̄)。

気分転換に先日のレース前に作っておいて使わなかったボディにステッカーを貼ってみました。
前に張ってたやつのほうが良かったな・・・↓
060216dome.jpg

[ 2006/02/16 20:20 ] 家庭 | TB(0) | CM(5)

犬のベル

先日のプロフェッサーさんのブログhttp://professor-mtx4.moe-nifty.com/myard/を読んで私も犬のお話を。

先週末はラジコンをお休みしたので嫁さんの実家にも行かないため、そこにいる犬、ベルにも会えませんでした。

我が家はマンションなので犬を買うことはできないのですが、ベルは生まれて間もない頃にペットやさんから私がもらってきた犬なので愛着もひときわです。

少し前に昼間に嫁さんの実家に行ったときのこと。
いつもはタケトヨサーキットの帰り、夕方に嫁さんの実家に行くと私の声を聞きつけて、裏庭でキャンキャンほえて呼ぶのですが、昼間に行った時はそんなこともなく・・・私が裏庭に回ってみると犬小屋の中でたそがれています。

私が声をかけると「おおっ、なんや来とったんかいな。めずらしいやないか(なぜか関西弁)」という感じでビックリした様子で駆け寄ってきました。私が昼に姿を現したのが想定外だったようです。
それだけに普段にも増して激しい喜びようでした。

もう若くない犬ですので後どれくらい生きていてくれるか・・・。
自分の周りで人が亡くなっても泣いたことのない私ですが、ベルが死んだら泣いてしまいそうです。

もし家を買えたら(そんなときが来るのかしら???)、犬も飼いたいのですが、そのときは新しく子犬を飼うのではなくベルを引き取りたいものです。
060215bell.jpg

[ 2006/02/15 18:58 ] 家庭 | TB(0) | CM(3)

清水選手おつかれさま

トリノオリンピックの真っ最中ですが、今ひとつ日本では盛り上がりに欠けている印象ですね。

前々回は自国開催の長野でしたし、今回は大会前からメダルがあまり期待できない状況が伝えられていて、実際そのとおりになっているので仕方のないことかもしれませんが。

私も「あれっ、あの競技もう終わってたの」ということが多いです。

そんな中私の注目はスピードスケート。
応援するのは金メダル有力候補の加藤条治選手ではなく清水宏保選手。

体の小さい私は同じように小柄でもそのハンデを吹き飛ばしているアスリートは感情移入して応援してしまいます。
スピードスケートなどは特に手足が短ければ明らかに不利なように感じられます。
そんな競技で清水選手が大柄な外国選手をレーストラックで置き去りにするシーンは感動ものでした。

そんなわけでソルトレークでの銀メダル獲得後しばらくして出版された本「神の肉体 清水宏保」を読んでいっそうファンに。
060214shimizu.jpg

とにかく自分の追い込み方がすさまじいのです。

前回のソルトレイクでは最悪のコンディション(普通の人なら満足にスケートもできないような状況)での銀メダル。
今回はその雪辱を晴らしてほしかったのですが、さすがにピークを過ぎたのかと素人的には思ってしまいます。

前述の自分を極限まで追い込むトレーニング~競技生活はそう長く続けられるものではないとも思います。

今回のトリノでは18位といいところがなかったのですが、清水選手がレース後「結果どうのこうのより、やることはやったんで・・・」というコメントを聞いてちょっと安心はしましたね。

個人的にはずるずると落ちていくところは見たくないので、これで引退したほうがいいのかな・・・と思いますが。
とにかく今はお疲れ様という気持ちです。
[ 2006/02/14 22:41 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

高からず、安からず

注目のninjaエンジン、21のほうは価格が出ていましたね。
税別で¥49000。大台をきっているところがミソでしょう。
逆にあまり安くても不安になりますよね。
ある程度の開発・製造コストをかければそれなりの値段になるのは当然です。

¥49000って他のカテゴリーのRCレースをされている方にはそれほど安くない印象かもしれませんし、私にも十分高価なのですが、このところ21レーシングエンジンはモデルチェンジのたびに高くなる一方。
そんな中でこの価格は光りますね~。

後は実際のパフォーマンスがどうかということなわけですが、ダチョウ倶楽部じゃないですが「高からず、安からず、速からず」ではないことを期待です。

ninjaもJPやMarioみたいなチューンドバージョンが出てきそうですが、そうなると値段もそれなりでしょうから、そうでないスタンダードモデルでどれほど回るかですね。

JP-FXを買っておいて言うのもおかしな話ですが、¥49000のninjaがハチイチレーシングを席捲できるといいなと思います。
速く走るためのコストが下がり競技人口が増えることを切に願います。
[ 2006/02/13 23:59 ] RCレース | TB(0) | CM(1)

シンデレラマン

シンデレラマン、DVD借りてきてやっと見ることができました。
Cinderellaman.jpg

昨夜借りてきたのですが、新作のため今日返却しなければなりません。
それなのに昨夜も色々と忙しく見ることができず、今日も娘が寝付く9時過ぎまで見始めることができず。
今しがた見終わってレンタルやさんに返却してきたところです。

ビデオ・DVDは借りた日に見る。見る日に借りるのが鉄則ですね(笑)。
今回もそのつもりだったのですが・・・。

ストーリーは一言で言ってしまえば、一度は落ちるところまで落ちた(食うや食わずの生活です)ボクサーが一夜だけのチャンスにカムバック、そこから這い上がり家族のために最強かつ最も危険なチャンピオンに挑戦するというものです。

お父さんが奥さんや子供たちのためにがんばる姿は文句なく胸を打たれます。見ていて自分に置き換えているわけですが・・・もう泣ける泣ける。
奥さんは危険に挑む主人公に試合をキャンセルしてくれと訴えます。

最後はハッピーエンドでした。

ほっとしたのですが、現実にはそうではない可能性もあるわけです(主人公ジェームズ・J・ブラドッグは実在の人物で、この映画もそれをベースにしているそうですが)。挑戦する世界チャンピオンは試合で二人も死なせてしまっている恐ろしい相手。
私が主人公ブラドッグだったら、腰抜けかもしれませんが奥さんの願いを聞き入れて最後の試合をしなかったのではないかと思います(それじゃ映画にならん)。そしてまたもとの貧乏生活に・・・(笑)。
挑戦するチャンピオンがそれほど危険な相手に描かれていましたね。

勇気と無謀の境目というのは難しいですね。
成功すれば勇気がある、失敗したら無謀だったといわれてしまうという側面もあると思います。
前に進むのも勇気なら、時にはひくもの勇気なんて場合もありますし。

私の場合は、とにかく家族を悲しませないのが大前提ですが、あまりにも挑戦しないで貧乏してたらそれはそれで嫁さんも悲しむだろうし、いつも逃げてる親父では娘も情けない思いを・・・(笑)。
うーん、判断が難しい。

でも自分なりに考えてベストと思える選択をして努力していれば、きっとわかってもらえると思うんですけどね。
[ 2006/02/12 23:47 ] 映画・音楽 | TB(0) | CM(0)

体調を整えてから

ハチイチレースシーズンも始まり、嫁さんの理解で最高のNEWエンジンもゲット。今年は全日本にも挑戦予定!・・・ですがどうも万事にアグレッシブになれません。

ちょっと体調が優れないのです。
恒例の風邪ではなく、もはやちょっとした持病のようなものなのですが。
今まで何度か同じことで入院・手術を繰り返しているので、また同じ思いをするのはいやだなーと思いながら今はさほどひどくないので様子を見ています。

先日のレースでも気分的にもやもやしつつエントリーしたのですが、夢中になれるものはいいですね。なんだかんだでレース中は結構痛みも忘れて集中できました。

とはいえこんな気分で何をしてもやっぱりすっきりしませんのでちゃんと病院に行ってこようと思います。
うーん、やっぱりちょっと怖い・・・。

練習・レースとタケトヨサーキット入り2週連続でしたし、明日も休日出勤なので今週末は娘の相手をしておとなしくして、次のサーキット行きは体調が整ってからにしようかなと思う今日この頃です。

なんだかマイナス思考な内容でスミマセン。
[ 2006/02/10 23:59 ] 雑感 | TB(0) | CM(2)

インフルエンザもやってきました

昨日は娘が熱を出したため、会社を早退してうちで様子を見ていました。インフルエンザらしいです。
仕事も一段落付いている時でよかったです。

今日も急遽、休日出勤の代休をもらい終日娘と過ごしたのですが、薬も効いているのかとにかく元気。何のために仕事を休んだんだか・・・。
とはいえインフルエンザなので、本人が元気でも保育園に連れて行けないので仕方がありません。

私の予定では寝込んでいる娘を横目に先日のレース後のメンテをと思っていたのですが、元気な娘が私を解放してくれません。
それでもお昼ご飯を食べさせると、これも薬のためか眠りだし、このチャンスに一気にシャーシ、エンジンのメンテを済ませました。

明日は嫁さんが交代で娘を見ます。
娘はこのまま良くなりそうでですが、今度はこちらが感染の危険性が・・・。
メンテもできたし、ブログも書けたので早く休まなくては。
[ 2006/02/09 22:06 ] 家庭 | TB(0) | CM(0)

JPがやってきました

かねてから購入を検討していたNEWエンジンが今日届きました。

JP-FX21R-01です。
私にはもう宝石のようにまぶしいです(笑)。
060208JP-FX21R01.jpg

ヤフオクで落札しました。新品です。
出品者様ありがとうございました。

昨年のボーナス時には嫁さんにエンジンを買ってくれるようお願いはしてあったのですが、私が機種を決めかね保留していました。

そうこうしているうちに私の誕生日もやってきて、「誕生日プレゼントに欲しいものある?」と聞かれたので、「じゃあ年末のエンジンの話と今回の誕生日プレゼントをあわせてJP買ってほしい」といって価格を伝えお願いしたところOKでした。

やさしい嫁でよかったです(笑)。

もちろん交渉前にヤフオクでのJPの出品はチェック済みです。

暖かくなったら、ナラシをはじめようと思います。
ナラシ自体長らくやったことがない上に、ナラシをするのがJP。
緊張します・・・。
[ 2006/02/08 14:29 ] RCレース | TB(0) | CM(5)

アニメ主題歌のテレビ特番みました

たった今、先日のレース参戦記を書き上げました。
ケンシロウ並にキーボードを連打しました。
今、画面の文字が二重に見えます(笑)。

テレビはあまり見ないのがポリシー?の私ですが、今日は夕食後娘とアニメ主題歌の特番をきっちり見てしまいました。
この手の番組はどうしても見てしまいますね。テレビっ子でアニメ大好きでしたから。
夕食後に食器を洗いながら見始めたのですが、夢中で見るものだから何度も手が止まり食器洗いがはかどりませんでした。

娘と歌って踊って楽しめました。

アニメ主題歌を歌う歌手の方ってみんなとても上手ですね~。
こち亀の主題歌を歌ったテツ&トモ、やっぱりあのテンションは人を楽しい気分にさせますね~。あんなふうに周りの人を楽しい気分にさせる人間でありたいものです。
人を楽しませるプロであるお笑いタレントでなくてもそんな人っています。
私にもっとも欠けているものかもしれません。

以上、今日のテレビの感想でした。
[ 2006/02/07 23:59 ] 家庭 | TB(0) | CM(2)

NEW エボルバ

今夜は本家HPに先日のレース参戦記をUPする予定でしたが、別のHP更新で力尽きました(笑)。明日がんばります。

話は変わって先日発売されたRC雑誌に「エボルバ2005 WCチームエディション」が掲載されていましたね。

3月に新しいエボルバが出ると聞いて楽しみ半分、ガラっと変わっていたらキットを買い換える余裕もないので不安半分でしたが・・・
あまり変わっていませんでした。
NEWキットの内容はオプションフル装備+キングピンアングルなしのフロントナックルとNEWリヤサスブロック、キャップの周りに変更の入った燃料タンクという内容のようです。

少々パーツ交換するだけでよさそうです。これまた嬉しいような残念なような・・・。

特にNEWフロントナックルが楽しみです。
オールワンズレースウェイのケビンさんの「ホームコースで0.3秒UPした」という一言が忘れられません(笑)。

先日のレース結果の悪かった部分は忘れて(笑)、エボルバ2005 WCチームエディションで巻き返しだ~い!

早くNEWパーツ入ってこないかしら???
[ 2006/02/06 23:08 ] RCレース | TB(0) | CM(0)

なかなかうまくなりません

タケトヨサーキットのハチイチシリーズ第1戦に参加してきました。

結果はBメインからの勝ち上がりでAメイン7位。
というと聞こえはいいですが、8台出走で途中リタイヤした方があったので、完走車両の中では最下位です。
完走といえばこれまた聞こえはいいですが、ピットインを繰り返して、順位争いとは別のところを走っていた感じですね。

なかなかうまくなりませんね~。
私より上手な人たちは私より考えて、工夫して、楽しんでより多く練習していますから、もともと上手ではない私がそう簡単に差が詰められるわけはないのですが。
レース後はそんなことも忘れて悔しさ歯がゆさいっぱいになってしまうんですね。
最近ちょっと進歩がないなと思います。

まあ、そんなことに懲りずに続けてきたらこれまで少しづつはうまくなってきていると自分では思うので、あきらめずにボチボチがんばります。

今日のレースの参戦記は後日、本家のHPのほうにUPします。
[ 2006/02/05 23:29 ] RCレース | TB(0) | CM(3)

エンジン再生

昨夜もまたブログに穴を開けてしまいました。
パソコンの前には向かっていたのですが、気分的にややブルーでやる気が起きず。今日からまた気を取り直して更新です。

今日は先日タケトヨサーキットでスーさんに「PCが終わっている」といわれたTOP-NEXTからクランクシャフトを取り出し、ノバメガEVO-4NEXT+WCのPCのエンジンに移植しました。
050204evo4-2.jpg

EVO4のほうはNEXTのクランクシャフトのウエイトが取れてしまい、代わりにWCのノーマルのクランクシャフトが入っていましたのでそれと交換です。
だんだん元のEVO4-NEXTに戻ってきました。
050204evo4-1.jpg

組みなおして手でクランクシャフトを回してみると・・・こっちもTOPのほうに負けず劣らず圧縮がありません。

やっぱり新しいPCが必要ですね。
クランクシャフトのベアリングも新品、クランクシャフトもNEXT、後はPCさえ交換すればレースに使えるエンジンができそうです。

少し気になるのはクランクシャフトピンの径。
一度も図ったことがありません。
デジタルノギスかマイクロメーターなんかがないとわかりませんし、またクランクピンとコンロッド大端のメタルとのクリアランスがどこまで許容できるのかわかりません。

とりあえずデジタルノギス買おうかな。
[ 2006/02/04 21:31 ] RCレース | TB(0) | CM(1)

今年のMOTO-GP

3月になるとMOTO-GPも開幕です。

私の今年の注目は125CC、250CCでチャンピオンを獲得してMOTO-GPクラスにあがってきたダニエル・ペドロサです。
マシンはMOTO-GPでの最強マシンのひとつ、ホンダRC-211Vですのでマシンの戦闘力も十分です。

素人目に見ててもスムーズなライディングは250CCクラスでも光ってましたね~。
またこの人はライディングフォームもすごくキレイ。
かたちから入る私はライディングフォームがキレイじゃないライダーには感情移入して応援できないのです。
○リックとかド○ハンとかはどうも・・・(ファンの方ごめんなさい)
理想のライディングフォームは私の世代だとやはり「キングケニー」ことケニー・ロバーツ・シニアです。

ペドロサはロッシとは対照的に非常に小柄なライダーですが、その体格でコンパクトとは言っても250CCと比べたら重く大柄で、ハイパワーなMOTO-GPマシンをどうコントロールするか楽しみです。

後はやっぱり日本人ですから、カワサキの中野真矢選手を応援ですね。
カワサキのマシンも毎年レベルアップしているようなので今年は期待したいです。

他に気になることはベテラントップライダーの中でシートを失う選手がけっこう出てきていること。
何でもMOTO-GPクラスはかつての最高峰クラス500CCの倍以上のコストがかかるらしく、スポンサー獲得など資金確保が大変らしいです。
ベテランライダーがシートを失った分若いライダーがステップアップしてはいるのでしょうが、出走台数が少なくなったりして規模縮小していかないように祈るばかりです。

どうやら今年はMOTO-GPでは走らない(走れない)らしい、世界的スターライダー、マックスビアッジ。
前から思っていたのですが、HGっぽいですね。
今シーズンは「WSBフォー!」↓
HG.jpg

[ 2006/02/02 23:47 ] モータースポーツ | TB(0) | CM(0)

いつもこれから

このタイトルはお笑いコンビの名前ではありません。

もうすぐ私の誕生日がやってきます。

なんと40歳になります。こうして文字にするといっそう年だなーって感じです。
30歳のときも「もう30か~年食ったな~」なんて思ったものですが、まもなく40歳になろうとしている今は「30歳なんてまだ若かったな~」って感じです。

ということは50歳になれば「40歳なんてまだまだ」と感じることでしょう。

つまりいつも「まだまだ、若い若い」というわけで、いつ何を始めるても遅すぎるということはないということ。

仕事もハチイチのレースも、それ以外もあきらめずに取り組んでいこうと思う今日この頃でした。
でも運動神経や反射神経が要求されるものはちょっとつらくなっていくかな・・・。
[ 2006/02/01 23:59 ] RCレース | TB(0) | CM(2)