FC2ブログ









phaさんの本

最近はハマっている著者の本。
191105book (1)
phaさんの”しないことリスト”

もう2回まわり読みました。

タイトルだけ見ると「こういう無駄は省こう」みたいな感じで、時間活用術とか効率化といった類の内容かなと感じられるのですが、決してそうではないです。
スポンサーサイト



[ 2019/11/12 20:57 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

朝ラン~基本マッタリと

【11/9・土曜日】

23:30就寝6:15起床。
眠剤なしで普通に眠れました。

毎週土曜はリハビリなのでチーム練習会に行けないのが残念。
今日はラリー観戦も兼ねたコースだったみたいで、行きたかったな。
今朝はラン。

マイペースで気ままに。

クエン酸飲んで、コーヒー飲んでの空腹・脂肪燃焼ラン再開。
追い込んで走るわけじゃないからいいかなと。
191108coffee.jpg
コーヒーはこれ、開けました。

1 06:17.9
2 05:19.3
3 05:18.6
4 05:12.2
5 05:06.7
6 05:05.6
7 04:52.6
8 04:46.6
9 04:43.2
10 04:45.9
11 04:36.6(100m流し3本含む)
12 07:07.4
13 00:39.9
合計 1:03:53


今日もなかなかペースが上がらないなーと思いつつ、いつも通りトラック周回し始めたら5分/㎞を切り始めて一安心。

まあランでレース出る予定もないので、スピードを気にする必要もないのですが、自然に5分/㎞を切れる走力はキープしていたいなと思うので。

12.1㎞/1時間3分53秒/177rTSS
[ 2019/11/09 22:11 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

roppongiさんの本

【8/23・金曜日】

5:30起床。

昨日外でランしてるし、今朝は雨なのでローラー。
リハビリ行く前に1時間ほどできそうなのでL2。

・アップ10分
・L2・40分 123-131bpm・90rpm・NP139W
・ダウン10分


今月の上旬にL2やった時より最大心拍は下がってきているし、NPは上がってきました。
徐々に身になってるかな。

手術・入院のブランクで落ちるだけ落ちたから、上がっていくのが分かるのは楽しい・・・と思ってやってます。

・28.61㎞/60分
・TSS 42.2
・運動量 439KJ


朝食済ませて通院リハビリへ。
買ってしまいました。
190823book (1)
高岡さんのファンなので(^^;)
[ 2019/08/23 22:10 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

入院生活⑨(読書・2)

入院中に読んだ本、もうチョコっとありました。

今日kindleで自分のライブラリ見てたら、「これも読んでたやん」ってのを少し見つけました。
全部Amazon primeの読み放題です。
タブレットで読みました。

”火花”又吉直樹・著

お笑いで食べていくのを目指している人たちって、自分がプロ目指してバイクレースしていた時と同じような世界というか空気感があるなと。
ほんの一握りの人たちが成功して脚光を浴びて、その他大勢は自分のセンスや力量に見切りをつけてその世界から去っていくところとか。

しかし作中の主人公たちは日常生活から常にボケ・ツッコミをしていて、こりゃ気が抜けなくて大変だと思いました。
この辺り、私もバイクレースの師匠に「24時間・365日、どれだけレースに努力・時間を費やせるか」と言われていたのを思い出します。

ストーリーの大半は熱くて暑い?印象なのですが、ラストはさわやかなエンディングでスッキリ読み終えました。
[ 2019/07/21 15:12 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

入院生活⑧(読書)

入院生活シリーズも最後にしようと思います。

今回は入院中に読んだ本のことなど。

入院生活を有意義にするには・・・やっぱり読書かなってことで前もって本屋さん行ったり、kindleに本をダウンロードしておいたり。

まずはメルカリで入手しておいたこの本から。

”挫折を愛する”松岡修造・著
190716book (8)
今回の手術~入院については挫折でもなんでもなくて、単なる自分の過失なんですけど。
怪我によって色々な事の進捗が停止して、自分の目指すものからは後退するわけで、そんな事実・状態を少しでも後々プラスにしていくためのヒントになればと読んでみました。

普段テレビなどで観ている分には、私には熱すぎて暑苦しいとさえ感じてしまう松岡修造さんですが、ホントになんでも真摯に取り組んでいるんだなと。
再起云々より、まずそちらに感心してしまいました。

あとは松岡修造さん自身の経験、これまで接してきた多くのアスリートの挫折~再起に向けての思考法や取り組みは趣味でランやバイクやってるだけのおじさんにも参考になるところは多かったです。

[ 2019/07/20 16:37 ] 読書 | TB(0) | CM(0)